忍者ブログ

☆creek factory ホンダX4フルコン化奮闘記、その他、塗装関連、FRP関連、ツーリングなどのブログを掲載してます。☆
03 2018/041 2 3 4 6 8 9 11 12 13 1415 16 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 05
           最近の記事            コメント履歴
[04/19 タルル]
[03/17 ヒンメル]
[01/21 ヒンメル]
[01/19 ヒンメル]
[01/04 ヒンメル]

10.18.09:46

セローの修理完了だっぺ





セローの修理の続きです。

何やら色々四苦八苦してフライホイールを外そうとした段階で、ネジ穴に傷をつけてしまいタップたてです。

M10の並ネジしかなかったんで今回やりました。M10の1.25です。












マグネットホイールは普通のプーラーで外そうとしたところ変形してしまいました。たたきで修正しましたんで傷になってますが問題ないでしょう・・・。












元気に蘇りました。(笑)

こっちのブレーキもパワステフルード入れてしまって、オイル交換エア抜きしましたよ。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
ランキングダダ下がりなんですけど。 押してってくれっけ。^^ 














PR

10.12.10:51

セローのエンジン壊れたのは自分のせいだった






セロー5MPのカムチェーンガイドです。硬化してひびが入っていますし、端部も欠けてしまっていました。











テンショナー側のガイドです。変な風に削れていました・・・。












セローのフライホイールは専用工具が無いと外すのはかなり困難です。自分もあきらめましてアマゾンで購入しましたもの・・・。

今の時代、朝頼めばその日に送られてくる時代になったんですね・・・。南海部品とかに買いに行くよりめっちゃ安いですし・・・。(笑)












自分のせいで壊れたというのはこれでした。
カムチェーンが外れたんですが、何とかはめられたと思ったのは手前のギヤだったんですね・・・。
しかしなんで2個付いているのやら・・・?手前のギヤに手探りではめ込んだのが正しい位置だと思い込んだようで、結果的にカムチェーンは斜めになって回転していたようです。その結果、チェーンガイドが壊れたんだと思います・・・。

手前のギヤいらねえだろ・・・。

それから、カムチェーンは一度嚙みこんでしまうと、ちゃんと動かなくなってしまうんですね。チェーンの修理で1時間もかかりましたし、初めて知った次第です。

新品にしても、どことなく落ち着かない作りなんですけど、ホンダ党だからでしょうか・・・?

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
ランキングダダ下がりなんですけど。 押してってくれっけ。^^ 

























10.03.11:12

セローのエンジン重症だっぺよ






ピストンにヒットして、ひん曲がったバルブを交換しまして。









バッテリーも良い状態になりまして。

カッシー君が遊びに来たので、試運転してもらった・・・。

なかなか帰ってこないので、どっかで壊れたのかなあ・・・?なんて考えてたら、歩いて戻ってきたっぺな・・・。










スーパーの駐輪所に置いてきたようなので回収に行きます。

軽なので、セロー乗りませんでした。(ヾノ・∀・`)ムリムリ2人で後ろ向きに乗せました。後ろ向きに乗せるのってメッチャ大変だったよ。

タンクからガソリン漏れ漏れだったけど、急いで帰宅です。











カムチェーンがまた外れていました・・・。










フロント側のチェーンガイドが経年劣化?でボロボロになってまして、脱落してましたよ。

反対側のガイドもボロボロで、樹脂部分がパキパキポロポロだっぺな・・・。う~ん納得いかん・・・。ヤマハさんそりゃないよ・・・。

今回はバルブはヒットしないで無事でしたんでよかった。(笑)












フライホイール外さないとできないんで、今日はここまで・・・。

フライホイール固定工具作らないと・・・。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
ランキングダダ下がりなんですけど。 押してってくれっけ。^^ 

































09.19.07:42

MFバッテリー復活させてエンジン壊れたっぺな





12V以上上がらなかったセローのMFバッテリーです。











オカルト商品だと思っていましたサンダーアップをつないで充電しましたら、⒔28Vまで上がっていました。びっくりですね。

以前にX4のバッテリーでチャレンジしたときは、これではなくてサルフェーション除去剤を投入後に半分捨てまして、電解液を投入しました。
ですが復活には失敗しました。

今回は電解液のみ入れまして、サンダーアップを取り付け1週間ほど放置してました。













充電器を取り外しますと、12.98Vまで降下しました。









バッテリーをさかさまにしながら降って、電解液を捨てました。

しばらく放置しまして電圧降下を待ちますと、12.93V。
まずまずの状態ですが、電流が分かりませんのでバイクにつなぎましてエンジンを始動してみましょう。















そうそう、前回の続きでセルモーターに穴を明けてみました。
エンジンオイルを吸い込みの防止策です。

で、エンジン始動してみますとセルモーターはこれまでになく元気に回りまして、エンジン始動しました。

大成功と思いきや、(バキッの音)とともにエンジン停止してしまいました・・・。














手でクランクを回してみるとカムチェーンが嚙みこんでる感じ・・・。

テンショナー外してみると、こんな具合で緩んでいました。















バルブがヒットしていないことを祈りつつ、カムチェーンとテンショナーを元に戻します。カムチェーンはクランクギヤに食いついていました。

再始動です、がセルは生き良い良く回るものの始動しません。クランキングも軽すぎるのでアチャーです。
プラグ外してプラグホールを指で押さえてクランキングすると、圧縮がとても低い・・・。

逝ったなあ・・・。














ヘッド外してみるとやっぱり、INのバルブがピストンにヒットして曲がってしまってます。












ピストンを確認すると、IN側がヒットした跡がありました・・・。

EX側は大丈夫ですが・・・。















バルブを外してみますと、

アイム.パーフェクト.ヒューマン.♬ コキッ!っと首が曲がってますね・・・。

くっそー、キャブ調整もセルモーターもバッテリーも完璧っと思ったらこれだっぺよ。

バルブ仕入れないと・・・。(笑)

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
残念っと思ったら 押してってくれっけ。^^ 

















09.11.06:11

セローセルモーターリビルド大成功




セローのセルモーターのブラシ交換ですが、今回はうまく行きました。




モーターを入れるとき片方のブラシをかみさんに押さえてもらって入れました。(笑)

ボッシュのこのタイプを使用するときは、写真で見えるように7の刻印があるところまで削ります。ボッシュのブラシは結構長いので、モッタイネーって感じですけど・・・。

それと幅が太いので、両側合わせながら少し削ればオッケーですよ。










このタイプを買って使えばオッケーですが、端子交換と半田付けが必須になります。














良く回ります。このモーターは2ブラシなので配線の太さは重要なようです。結構熱くなって電流も流れますので。












レギュレーターの配線が通常カプラーですと、結構な熱を持っていましたので、がっちり止めタイプに変更しまして熱を持たなくなりました。

ここで熱を持っていると供給電圧が低くなっちゃうんですよね。X4でさんざんやりましたんで。



それから、そもそもセルモーターの中にオイルが入って固まってしまった原因についての考察ですが、単にオイルシールの問題とも思いにくいんです。
密閉された空間が高温になり、冷めていく過程では負圧になるんですよね。それでセルモーター自体が回りに付着したオイルを吸い込んだんじゃないかと・・・。

実験のためにセルモーターの一部に穴を明けたいと思います。エンジン内部とモーター間はオイルシールで隔離されてますので問題ないはず。

前回組みなおした時もモーター内にオイルが入ってましたので・・・。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
ランキング微上あざっす 押してってくれっけ。^^