忍者ブログ

☆creek factory ホンダX4フルコン化奮闘記、その他、塗装関連、FRP関連、ツーリングなどのブログを掲載してます。☆
12 2018/01 1 4 5 67 8 11 12 1314 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 02
           最近の記事            コメント履歴
[01/04 ヒンメル]
[01/02 ヒンメル]
[11/07 ヒンメル]
[11/02 ヒンメル]
[10/31 ヒンメル]

11.27.16:42

ウッドインレイ



ウッドをインレイして見ました。パールと比べると遥かに容易な気がしますね。
今後自分のカラーを出していくのに、更にこの上にインレイして行こうと考えています。
今回のは磨いてしまったので次回作からやってみようと思います。













電解マーキングですね。
電圧や電流が合わないせいかにじんでしまっています。
版は無償で修正していただけました。ありがとうございました。

ミラーにした後だとマーキングがにじみますねえ・・・。何でだべ?
はじめにマーキングすると黒なんですけど、磨くと白になりました。直流でやると白くなるとは言われていたんですが、交流でやったら反応しませんでした・・・。

もう少しテストして見たいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
 押してってくれっけ。^^ 














PR

11.17.15:39

電解マーキング



自分が作ったバイクパーツとかナイフのブレードにマーキングしたかったんですけど、なにせ機器が高くて手が出なかったんですよね。

会社にスケーラーという機器があって、溶接焼けとかのクリーニングマシンだったんですけど、その機械でもマーキングできるかもとやってみたら出来ました。
ただ、電流値が高いのでステンシルの寿命がやばそう。

ステンシルというのは版なんですけど、プラスチックステンシルと言うのを作ってもらいました。写真の版ですね。
ポジフィルムとステンシル作ってもらって五千円ぐらい。大きいのだともっと高くなるようですね。











ピンボケですけどこれがそうです。電流値が高いので深く入りすぎてにじんでしまいました。
このときスケーラーの機器でやったんですけど、少し煙が出ました・・・。(笑)
志のフォントが違ってしまったので新たに作ってもらっています。

志を入れたのは自分の名前の一部だし、心に思い決めた目的や目標をあらわすから。











んで、いつものように作って見ました。
これは、電流値を調整できる基盤です。自作キットで売ってるものですけど、機械屋さんの営業妨害になってしまうといけませんので公表しません。
同じくこれの供給電源も公開できませんのでお願いします。











これがそれでマーキングしたものです。素材はステンレスです。
これはフエルトに電解液を付けてテストしたものなのでいまいちですが、導電性の良いパッドで行うときれいに出来ました。













これがそれです。電源も違うものに交換しましたけど、どちらかと言うとパッドの導電性に影響しそうですよ。
自分はスケーラーのパッドを使いましたけど・・・。












やっぱマークあるといいですね。


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
押してってくれっけ。^^ 















11.14.10:06

コークスの燃えカス



この前のピザパーのとき、なんだか空気穴が詰まっているような?気がするなあと思っていたんですがまさに詰まっていました・・・。

上の写真は火床の部分です。コークスの燃えカスが詰まっていました・・・。
この部分の吐き出し口は作っていませんでした。想定外でした・・・。











掃除機でかすを吸い取って見ました。
なんだかガラス化した固形物が固着していました。













ストレーナーを無理無理はずして見ますとこんな具合でした・・・。
石のようなガラスのような溶岩な様な・・・?
火床側の耐火レンガにも溶着しています。いやあまいった。
これを無理無理外したところ真っ二つに・・・。(涙)

コークスのかすで検索して見たら、SLなんかでもカスを線路上に捨てるらしいですね。カスのことまで想定していませんでしたが、灰ぐらいだと思っていましたんで対策を考えないとですね。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
押してってくれっけ。^^ 














11.09.11:30

焼き入れ硬度チェック



ずいぶん前に焼入れテストをした鋼材ですが、硬度チェックをして見ました。
鋼材はATS-34です。
ATS-34の硬度はHRC61~62ぐらいだったと思います。違うかもしれませんよ。












今回仕入れましたのがこれです。先端がやすり状になっています。
これを鋼材に当てまして、削れるか削れないかで硬度をチェックするものです。
通常の硬度テスターは高価で購入が困難ですので、一番安価なものにしました。まあ、チェックするだけですし、頻繁に使うものでもありませんしね・・・。











これは焼き戻しはしていません。キンキンの状態です。

HRC40のテスターでこすりますと、滑ってしまうのでそれ以上の硬度ですね。
面倒なのでHRC65のテスターでこすりますと、若干削れました。HRC60のテスターでやりますと、上の検体は滑りましたが、下の検体では若干削れました。

したがって、上の検体はHRC60~62程度。下の検体はHRC57~59ぐらいだと思います。
とりあえず、うちに作った火床でしっかりと焼きが入ることがわかりましたね。まあ、サブゼロとかはやってませんけどこれだけの硬度があれば焼き戻ししますので十分かと思います。

鍛冶屋さんだってサブゼロなんかしないですもんね。

問題は酸化皮膜でしょうかね?真空焼入れですと空気が無いのでほとんど酸化皮膜は付きませんけど、火床ですとバリバリに空気がありますので、酸化皮膜除去が大変です。
どっちが良いかは人次第ですかね・・・?

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
押してってくれっけ。^^ 














11.02.09:17

焼き入れテストの後はピザパーティー





焼き入れテストの後はピザパーティーです。笑

ピザの生地がまだ出来ていなかったんでソーセージからはじめて見ました。
一見しょぼく見えますけど下から炭などで焼いていませんので、パリッパリにこんがり焼けて旨かったですよ。










お次は栃木和牛です。これが食べたくて奮発してしまいました。
この大きさで¥1450也ですよ。
せがれと奪い合いまして3分で終わりました。笑

奥に見える包みはかみさんの焼き芋です。










生地が出来ましたんでピザですよ。
これはベーコンピザです。奥に入れると下が熱すぎて生地が焦げてしまいましたので手前で焼いてます。
手前のほうが熱の滞留があって上側がこんがり焼けて丁度良かったです。









イタリアンサラミとミニトマトピザです。
このトマトの汁が混ざると完璧ですよね。












良い焼け具合でしょ。












ベーコンとマッシュルームでしたね。
どれも美味しかったですよ。

今度の休みに仲間達が来ますので、練習しておいて良かったですよ。
焼き加減が命ですものね。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
押してってくれっけ。^^